高松店だより

  • 2019.01.16 Wednesday
  • 11:36

 私たちは、で聴き理解して聞き取ります。

 

 聴力の低下状態では、脳へ伝わる音の刺激が不足し、会話やその他の音の理解に必要な音の詳細な情報が奪われることでもあるのです。音の持つ詳細な情報が不足することは、脳にとってのストレスとなってしまいます。聞こえの低下は、認知症発生リスクを高める危険因子とも言われています。

 単純に音だけを大きくしただけでは聞き取りが著しく向上するわけではありません。余計な雑音を大きくしてしまうと肝心な会話が聞きづらいのです。多少の雑音があっても会話が聞き取り易い補聴器を一度試してみませんか!

 

 *補聴器は、左右の脳を活性化をするためにも、両耳に使用するのが基本です。

 

 ○高松店担当  認定補聴器技能者 小山 寛美

               ○相談会場担当 認定補聴器技能者 横倉 幹英

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

ana

WEBキャンペーン

MTHA商事Webキャンペーン

selected entries

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM